Nikon DX AF-S 18-105 3.5-5.6G VR

一時はミラーレス機ニコンJ1に一本化するつもりで、2012年3月にD40と18-200VRとも売却しましたが、過去に撮ったD40の写真を眺めていたら、その独特の描画力を再認識させられ、2012年4月に再度上物を入手しました。但し18-200VRは余りにも重すぎるので、今回は一回り軽量な18-105VRとの組み合わせにしました。価格コムの掲示版でD40を一度手放したオーナーが、再度入手する話を何度も聞いていましたが、まさか自分も同じ道を辿ると...

LUMIX DMC-GX1X

王座D40とセカンドマシンだったJ1の後継候補17号機として2012年9月に購入。パナソニックが推し進める俗にフォーサーズと言われる、デジイチとコンデジの間を埋めるミラーレス機の本命です。デザインも落ち着いた感じで、動画も電動ズームの恩恵でズーム時のノイズがあまり感じられず、ズームレンズの飛び出しも最小限でコンパクトにまとまっていて実に良い感じです。しかし肝心の静止画はD40との比較テストで、どうしても超える事...

FUJIFILM FinePix F200EXR

サードマシンのF30の後継候補16号機として2012年4月に購入。しかしズーム操作時のレンズの揺れ(一発でズーム位置が決まらないこの機種特有の持病)が気になるのと、F30と比較して明らかに画像のスッキリとしたキレが無いんですよね〜。・・・そんな訳で残念ながら11月には消えていきました。...

Nikon 1 J1

『タカコ・ストッパー』※ の警告を無視して、王座D40とセカンドマシンだったHX1の後継候補15号機としてHX9Vと殆ど同時の2012年3月に購入。CXフォーマットでミラーレスという、ニコンとしては新しいジャンルの意欲的なデジカメで、とても興味深くどうしても一度試してみたかったので堪えきれずに購入。(苦笑)動画はフルHDのため確かにHX1より綺麗で、静止画の画質もD40と比べても善戦していましたが、どうも『D40風』という独自の...

SONY DSC-HX9V

『タカコ・ストッパー』※の警告を無視して、セカンドマシンだったHX1の後継候補14号機として2012年3月に購入。※震災時に集中的に放映された、松たか子の「それ、本当に必要ですか?」というACのキャンペーン広告。当時個人的に強い影響を受け、何も消費する気がなくなった。以来衝動買いが確実に減ったのは確かなようだ。HX1も結構気に入っていたんですが、全体的なフォルムが正方形に近くセカンドマシンとしてはとにかく嵩張るの...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。